病院で受ける薄毛治療

病院で受ける薄毛治療

男性型薄毛は、AGA専門病院で治療を受けられます。女性の薄毛にも、病院で治療できることを知っていますか?主に皮膚科や美容皮膚科で薄毛治療を行っています。

 

薄毛の原因を調べる問診、血液検査を行い、内服薬が処方されることもあります。強い効果があるといわれているのが、育毛メソセラピー治療です。育毛メソセラピーとは、育毛剤を直接頭皮に注射する治療法です。育毛剤は血管拡張作用があるミノキシジル、毛髪の主成分ケラチンの減量になるアミノ酸システイン、ビタミンやミネラルが主流です。

 

治療を受ける人の薄毛の状態、体質からオーダーメードの育毛剤を作るため、高い効果が期待できます。1人1人に合わせた育毛が病院治療のメリットです。ただし保険治療ではないので、費用が高くなるデメリットもあります。育毛メソセラピーは2~4週間に1回のペースで半年から1年継続しなくてはなりません。育毛メソセラピーだけでも30万前後かかり、他の治療も併せると、さらに費用がかさみます。

 

育毛メソセラピーは注射なので、針を刺す時に痛みを伴います。病院治療が必要なほど薄毛が進行する前に、予防として早目に育毛剤を取り入れるのも一案です。早くから育毛を意識すれば、薄毛を最小限に抑えられるかもしれません。