女性の薄毛につながる生活習慣

女性の薄毛につながる生活習慣

女性の薄毛は主に加齢が原因ですが、男性よりもさまざまな要因が関係して起こるのが特徴です。

 

日常のちょっとした習慣、環境が毛髪に影響します。薄毛につながる生活習慣を代表するのが、睡眠不足です。睡眠不足は成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼすので、毛髪や頭皮の生育、新陳代謝が不活発になります。また女性ホルモンの変化からも薄毛になりますが、睡眠不足だと自律神経が乱れてホルモンバランスも崩れます。睡眠不足と同じく、ホルモン分泌に影響を与えるのがストレスです。

 

ストレスで月経が止まる女性もいるように、ストレスはホルモンバランスを乱します。食生活も重要なポイントです。栄養バランスの偏りもありますが、無理なダイエットで栄養不足になり、毛髪に十分な栄養が届いていないケースもあります。ビタミンを摂取できる野菜中心の食事は健康的な反面、毛髪の成長に欠かせないタンパク質が不足しやすいので注意が必要です。

 

ダイエット中の人は、エネルギー不足で体が冷えやすくなっています。冷えは血行を悪くします。頭皮の毛細血管に十分な血流がないと、毛髪が育ちにくくなります。血行を悪くする要因には、冷えのほかに運動不足、喫煙も上げられます。育毛剤を使うなら、これらの生活習慣にも気を配るとより効果が得られるでしょう。