女性必見!育毛剤選びはココが大事

薄毛には男女差があるのを知っていますか?

男性と女性、どちらにも薄毛は起こります。しかし同じ薄毛でも症状や原因に男女差があり、対処法も違います。

 

まず男性の薄毛の最も大きな原因は、男性ホルモンの影響による脱毛です。毛髪が成長しきらないうちに抜け落ちてしまい、脱毛した毛穴からは再び発毛しにくいのが特徴です。頭頂部や額の生え際から薄毛が進行します。薄毛の部分は徐々にうぶ毛になって抜け落ち、やがて頭皮が完全に露出します。

 

一方、女性には毛髪の成長を助ける女性ホルモンが分泌されています。加齢による薄毛、更年期以降の女性ホルモン減少で薄毛にはなりますが、完全に脱毛してしまうケースはほとんどありません。1つの毛穴から生える毛髪の本数が減り、毛質が細くなるため、頭皮が透けるようになります。頭頂部を中心に全体的に毛髪が薄く、毛量が減少します。つむじや分け目に地肌が目立つようになって気付くことが多いでしょう。完全に脱毛してしまう男性よりも、育毛剤の使用や生活習慣の見直しで薄毛が改善する可能性が高いのが、女性特有の薄毛です。

 

女性はストレスやホルモンバランスの乱れといったささいな理由から薄毛になりがちですが、諦めずに育毛に励めば結果につながりやすいと言えるでしょう。